menu

同棲生活~準備と心構え~

ストレスのない快適な同棲生活にする4つの家事の分担方法とは?

快適な同棲生活にする4つの家事の分担方法とは

二人で生活するということは、その分家事にかかる負担も倍になることは間違いありません。
料理や洗濯、掃除は女性のすることだと決めつけている男性は注意が必要です。

特に二人それぞれが仕事をしている場合には、片方に家事の負担をかけてしまっては、その分ストレスを抱えてしまう事になるでしょう。

同棲生活を楽しく快適に過ごすためには、家事を分担するのがお勧めです。
おススメな分担方法は、カップルによってもかわってきますので、下記を参考に事前に把握しておきましょう。

①家事が苦手な男性にはゴミ出しを任せる

家事の分担といっても、これまで掃除も洗濯も料理も一切やったことがないという男性も多いはず。
しかも専業主婦の母親の下で育てられた男性は、特に問題は深刻です。

だからといって同棲生活の際に何もさせないのは不平等となりますので、ゴミ出しくらいは手伝ってもらうようにしましょう
週に2回程度のゴミ出しですが、意外と重量がありますので、一般のご家庭でも出勤の際にご主人に手伝ってもらっている所が多いですよね。

掃除や洗濯が無理でも、ゴミ出しくらいは誰にだって出来るはずですから、積極的に手伝うようにしましょう。

②お互い仕事を持つカップルは当番制の導入

二人の仕事が忙しく、休みもシフト制という場合は、家事の分担を当番制にするのがお勧めです。
仕事の休みの状況を毎月二人で把握し、平日もしくは休日の分担が平等になるように、分担しましょう。

忙しい二人には、しっかりと休む日と働く日を明確にすることで、ストレスを感じることなく時間を有効に使えるでしょう。

③お互いの得意分野を担当する

互いの得意なものをそのまま担当にするという方法は、特にお勧めです。
得意なのですから、何よりストレスを感じないというのは一番のお勧めポイントです。

料理の得意な彼女は、自分の作った自慢の手料理を食べて貰いたいという気持ちで楽しく作ることができますし、掃除の好きな彼は、綺麗な部屋で生活出来る喜びを感じられるはずです。

④あえて分担しないのもあり?

家事をあえて分担しないという方法もあります。
ただし、これを成立させるためには、互いの信頼関係と相手の気持ちを思いやるという態度が前提

分担していないからとすべてを見てみぬフリすると大変な事が勃発します。

時間がある人が積極的に家事をおこなったり、一緒に楽しく家事をこなしたりと、常に相手の気持ちになって行動出来るカップルには、特に分担しないでも上手くこなす事ができるでしょう。

たかが家事くらいでと思っていても、この作業が毎日ともなると本当に大変な状況です。

自分ばっかりが損をしていると感じてしまうと次第に同棲生活が嫌になることもありますので、できるだけ負担が片方にかからないように注意をするようにしてくださいね。

同棲生活における家事の分担方法のまとめ

同棲生活を楽しく快適に過ごすために、おススメな家事の分担方法をもう一度確認しておきましょう。

  • 家事が苦手な男性にはゴミ出しを任せるのが一番!
  • お互い仕事を持つカップルは当番制の導入がお勧め
  • お互いの得意分野を担当する分担方法は特にお勧め
  • 家事をあえて分担しないという方法もあり
    (ただし互いの信頼関係と相手の気持ちを思いやるという態度が前提)

二人でよく話し合い、お互い納得いく分担方法を決めましょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事