menu

同棲生活~準備と心構え~

同棲生活に潜む3つの欠点

同棲についての考え方は、人それぞれで、男女の間にも大きな違いがあります。
「好きな人との生活なら、この先何があっても仲良くやっていける」という自信があってこそ、同棲を始めるのが一般的ですが、同棲生活というのは、好きや愛しているというそんな生易しい感情だけでなせるものでは無い、ということを理解しておきましょう。

同棲生活に潜むデメリットとは、どのような状況なのかを考えてみましょう。

自由な時間がない

好きになった人の事をもっと良く知りたい、離れたくない、ずっと一緒にいたい、という理由から同棲を始めるカップルがほとんだですが、そのような感情を抱き続けられるのは、二人の間に距離があるからなのです。

そのことに気づくことができなければ、同棲生活は、半年以内で破局をむかえる結果になるでしょう。
同棲することで、二人の距離はこれまで以上に近くなります。

その結果、何が発生するのかというと、「窮屈感」だけなのです。
特に男性は、毎日朝から晩までずっと監視されているような気分になり、次第にストレスを感じるようになるでしょう。

一方女性は、好きな人と四六時中一緒にいたいと思って何が悪いの?という感情を増殖させてしまうことから、二人の意見は対立。
結果、別れを選択するという事なのです。

同棲をするにしても、適度な距離感を大切にし、互いの自由な時間を尊重してあげる気持ちがなければ、恋愛感情を持続させる事は難しいでしょう。

食事が合わない

数十年という長きに渡り、全くことなった生活をしてきた二人が、一緒に生活するのですから、当然様々な面で異なる点はあります。

生活習慣の違いというのは、一言では片付けられないもので、これがきっかけで、二人の関係に亀裂を生じさせてしまうケースもあります。

例えば、料理が得意な彼女が作った夕食を一口食べた瞬間、なんとなく違うな?という印象を持った経験はありませんか?
決して不味いというわけではなく、なんとなく口に合わない、食事が進まないという事は、どんなカップルに生じることで、それほど珍しいことではありません。

ただ同棲生活に強い憧れを抱いてきた女性にとって、食事の好みというのは、大きな問題となり、次第にストレスを感じるようになるでしょう。

一度抱えてしまったストレスは、後の生活に大きな影響を与えてしまい、ちょっとのことでもイライラをつのらせ、特に食事の度に喧嘩の絶えない二人になることは間違いありません。

異性からの誘いがなくなった

同棲したということをまわりの人に知られてしまった途端、飲み会の誘いが減少したという人も多いようですね。
友人や職場の同僚は、同棲している相手の存在に遠慮しての態度だと思いますが、これまで友達との飲み会や適度に異性を遊ぶことで解消してきたストレスのはけぐちが閉ざされてしまい、次第に今の生活に不満を抱えるようになるでしょう。

同棲をしているからといっても適度な付き合いは必要です。
すべての行動を抑制してしまうと、同棲生活を成功させることは難しくなるでしょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事