menu

同棲生活~準備と心構え~

引越し業者とのトラブル、どんなことに気をつけるべきか

引越し業者とのトラブル、どんなことに気をつけるべきか

友人やご家族、兄弟の協力を得て、自家用車での引越し作業を行う同棲カップルもいるでしょう。

本来、身近な人達と協力しながら引越しをした方が安心感もあって、引越し費用を浮かせる事もできるのですが、最近では気軽な気持ちで依頼できる引越し業者を頼る方が増加しています。

変な気を使わず、更にプロの技術力で全面的に依頼できるという安心感が、人気を集めているようです。

ただし、100%安心できるというわけではありませんので、注意が必要です。
引越後、業者との間でトラブルとなっている同棲カップルも少なからず存在します。

ここでは、業者との起こりうるトラブルと、その対策についてお話ししていきましょう。

引越し業者に依頼した場合の注意点

引越し業者に依頼しているからといって安心してはいけません。

例えば、大事にしている家具やデリケートな家電、特にパソコンなどの機器類は、丁寧に扱わないと破損する恐れがあります。
事前にこれらの保険加入についての確認をし、運搬の際のトラブルに注意をするようにしましょう。

引越しのプロとは言え、1日に何件もの作業を対応することもあります。
疲労のピーク時に当たった場合には、万が一の事態に遭遇する可能性もありますよね。

引越しの前後の家財のチェック

引越し作業後は、肉体的にも精神的にも疲労困憊し、荷物を放置したままにするカップルも少なくありません。

作業当日は仕方ないかもしれませんが、できるだけ早い段階で、運び込まれた荷物のチェックをすることをオススメします。

なぜなら引越後に破損や傷などが確認されたとしても、引越し作業からかなりの時間が経過している場合には、保障対象外になる可能性もあるからです。

さらにこの傷や破損の状態が、引越しの時にできたものなのかを判断するためには、時間の経過というのは、ものすごく不利な状況となるのは避けられません。

すぐに対処してもらうためには、疲れている体をおして、できるだけ家具家電の確認作業を行うようにしましょう。

見積もり段階での注意点

ちなみに、引越後のトラブルをできるだけ避けるためには、引越し前の見積もり相談の段階で、密な話し合いをすることが重要なのです。

例えば、引越しの際のトラブルに対する保険加入の有無、作業人数やスタッフの技術力、作業時間やその日のスケジュールなどを細かく打ち合わせるのが一番良い方法です。

トラブルを回避するのは、引越し作業後ではなく、引越しの前の話し合いの時点でほぼ決まると思っても過言ではありません。

また万が一作業員や運搬のトラックの台数が当初の予定と異なっていたり、スタッフの到着が遅れるなどの不手際があった場合には、請求金額を減額する旨の訴えをすることもできるはずです。

まとめ:引っ越し業者とのトラブル防止策

引っ越し業者に依頼する場合は、運搬の際のトラブルに注意しましょう。
防止策として、

①見積もりの段階で保険加入の有無などの確認!密な話し合いが重要。
②引っ越し前後での家財チェックは必須!特に引っ越し後は時間を置かずにすぐにチェック。

引っ越しは、肉体的にも精神的にも疲労困憊する大変な作業ですが、これを乗り越え、良いスタートを切りましょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事