menu

同棲生活~準備と心構え~

誰でもできる!計画的に引っ越すための3つのコツ

計画的に引っ越すための3つのコツ

同棲生活ができるというワクワクな気持ちが先走り、引越し作業がおろそかになるカップルがいます。

意外と手間のかかる引越し作業は、計画的にアクションを起こさなければ、当日にとても慌ててしまう事になるでしょう。

同棲生活に向けて、スムーズに引越し作業を進めるためには、段取りの仕方にコツがあります

実際に引越しを経験した方の体験談を参考に、具体的な計画を立ててみましょう。

まずは引っ越しのスケジュール表を作ろう

同棲生活に必要な荷物を新居に移すために、現在生活している場所にある荷物を1つずつまとめなければなりません。

ただ、大人一人が生活するためには、様々な道具が必要となるでしょう。

なにから手をつけていいのか全く検討がつかないという方は、いついつまでに何をしたらいいのかを大きな紙に書き出し、壁に貼ってスケジュールの管理をしましょう。

引越し予定日が決まったら、その日に向けて毎日コツコツと荷物を箱に詰めて行きましょう。

例えば、季節柄すぐに必要としない服類など、すぐには使用する予定はないものの新居には持っていくという類のものから梱包するといいでしょう。

しなければいけないことを書き出し、準備が整ったものから順番に、赤いマジックで印をつけるようにしましょう。

そうすることで、次に何をしたらいいのかが一目で分かるようになるでしょう。

必要な道具は前もって準備しておこう

引越し作業を快適に進めるためには、必要な道具を事前に準備することです。

大活躍するダンボールは、デパートやスーパーに行くと無料でゲットすることができるでしょう。

また引越し業者に依頼する場合にも専用のダンボールを事前に頂くことができますので、確認しておくようにしましょう。

ダンボールは、あまり大きめの物を準備すると、荷物を詰め過ぎで重量が増え、一人で持ち運ぶ事が難しくなりますので、小さめの箱を準備するようにしてください。

その他にも割れ物をカバーする新聞紙やエアーキャップ、荷造り紐などを準備しておくようにしましょう。

これらのグッズは、100円ショップでも購入できるかもしれません。

忘れちゃだめ!引っ越し先のライフラインの手続き

引越しは、身の回りの道具や家電、家具など荷物の整理に慌ただしくなる上に、やらなければならない数多くの手続きもあります。

荷物の整理をしながら、各種手続きについても1つずつ処理していかなければならないのですが、各種手続きについてのチェックリストを作成しましょう

実際に引越しを経験した方の多くが、手続きを忘れ、引越し当日もしくはその後に「失敗したぁ~」と後悔している事の中に、ガスの開栓、閉栓があります。

例えば、新居のガスの開栓手続きを忘れてしまい、1日中の引越し作業で汗だくになっているにもかかわらず、お風呂に入れない、新居でごはんが作れないといった失敗をしているカップルがいるようです。

同棲1日目を快適に過ごせるためには、新居でのライフラインの事前手続きを忘れず行うようにしましょう

当然ですが、旧居の手続きも忘れずに行わければ、その後も無駄な光熱費が発生することになりますので注意をしましょう。

同棲するための引越し業者探しで、悩んでいる方

  • 出来るだけ安く引っ越ししたい!
  • どこの引越し業者が良いの?
  • 効率的に引越しを進めたい!

など、引越し業者探しで、困っているのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
引っ越し業者の探し方!複数の引っ越し業者を比較!


関連記事