menu

同棲生活~準備と心構え~

間取りを理解しよう!同棲にベストな間取りとは?

同棲にベストな間取り

二人が快適に生活するためには、どのような部屋のタイプがいいのでしょうか。

一般的に同棲生活、もしくは結婚前の二人に適しているのは、2DKの部屋だと言われています。

ただし、2DKといってもいろいろなタイプの部屋がありますので、実際に足を運び、ライフスタイルに適しているか検討しましょう。

同棲生活にマッチしている部屋を見つけるためには、まず間取りの意味を理解する必要があります。
ここで様々なタイプの間取りを覚えていきましょう。

同棲におススメ!2DKとは

2DKの代表的な間取りとは、6畳の和室とダイニングキッチンがあることです。
中には、和室ではなく、2間洋室になっているタイプもあります。

このタイプの部屋はバス・トイレが別になっている事が多く、2部屋がバルコニーに接していますので、室内が大変明るいといったメリットもあります。

2室を間仕切りで区切る事もできますので、それぞれの部屋を独立して使用する事もできます。

例えば、夜勤が多い彼をできるだけゆっくりと休ませてあげたいという場合には、寝室を別にするのも彼に対する配慮ですよね。

間仕切りが必要ないカップルには、広めの1DKとして活用することもできます。
いずれ結婚し、そのままの場所で生活をと考えている場合でも、広々と使用する事ができるでしょう。

収納の問題で2LDKや3LDKを検討する方もいるようですが、価格がグッと高くなりますので、収納が多めの2DKを探すようにしてください。

一人暮らし向け1Rとは

ワンルームとは、一般的に1つのフロアーにキッチンスペースが完備されているタイプの部屋の事をいいます。
間仕切りがない分、開放感に溢れ、若い方の一人暮らしには、最適な環境ではないでしょうか。

同棲にはやや不向き?1Kとは

ワンルームよりもやや広めのお部屋でキッチンともう一つの部屋が仕切られている空間になります。
ただキッチンの広さが4.5帖以下となっていますので、やや窮屈感があるでしょう。

家賃が安いため、比較的無理のない程度に生活をすることはできますが、それぞれのプライベート空間というものは一切確保できないため、同棲生活では若干ストレスを感じるかもしれません。

1Kよりはやや広め1LDKとは

キッチンが広めの1LDKは、1Kよりはやや広めの部屋になります。
リビングダイニングは、ほぼ1部屋として使えるといったメリットがあります。

ただ、DKの目安については、それぞれの業者によって若干の違いがありますので、実際に足を運び、現地でその広さを体験することが一番良い方法です。

また家具家電を置く前の状態では、なんとなく広く感じる事もありますが、様々な日用品をセットすると急に狭く感じますので、それらを想像しながら部屋を決めるようにしましょう。

まとめ:間取りを理解し、ベストな部屋を見つける

  • 2DK=2つの部屋とダイニングキッチンがあり、同棲に一番ベストな間取り
  • 1R=1つのフロアーにキッチン完備の一人暮らし向きな間取り
  • 1K=1つの部屋と4.5帖以下のキッチンがあり、同棲ではやや窮屈な間取り
  • 1LDK=1つの部屋とリビングダイニングキッチンがあり、1Kよりやや広めに使える間取り

基本的な間取り4つを参考に、二人にとってベストな部屋を選びましょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事