menu

同棲生活~準備と心構え~

『結婚しない前提の同棲』のメリット・デメリット

結婚しない前提の同棲のメリット・デメリット

同棲するカップルが増えていると言われていますが、女性は『同棲は結婚前の準備期間』として考える傾向にあります。

しかし「この先も結婚という形は一切取らず同棲という形だけを続ける」と、堂々と宣言しているカップルが中にはいるというから驚きですよね。

結婚をしないと決めて同棲するカップルの形に、メリットはあるのでしょうか?そしてデメリットは?
とても興味深いカップルの実態をさっそくみてみましょう!

結婚しない前提の同棲:メリット

近年若い人を中心にルームシェアというものが流行りつつありますが、一人暮らしをするのはちょっとさみしいけど、誰かと一緒に生活するとなんとなく安心するという理由から、部屋を共有している形を言います。

一人で部屋を借りるよりも安い賃料と、ゆとりのあるおしゃれな物件を賃貸することもできますので、様々な面でメリットが有ると言われています。

ルームシェアはあくまでも他人同士で、特に恋人というわけでもありません。
その為ルームシェアをする人は、異性であったり同性だったりとそれぞれに違いがあります。

では結婚をしないと堂々と宣言した同棲カップルには、一体どのようなメリットがあるというのでしょうか。

ズバリ、自由な時間です。

同棲カップルの場合も一人暮らしよりは、経済面での負担を半分にでき、かつ好きな人と一緒に生活できるから安心感も得られます。

かといって面倒な結婚は絶対に避けたい、いつまでもそれぞれに自由でありたいという願望が同棲という形をとっているのでしょう。

確かに結婚という形に束縛されず、自由なライフスタイルを持続したまま2人の関係を保てるというのは、ステキですよね。

結婚しない前提の同棲:デメリット

しかし本当にそんな2人の関係は、長続きするのでしょうか。
互いに結婚をしないと断言し、同棲をしているのですから、当然どちらも結婚という言葉は口にしないでしょう。

互いのライフスタイルを尊重し、好きな時だけ好きな時間を共有するというのは、特に男性から見ると素晴らしい生活ではあります。

ただこの先年をとってもずっと赤の他人同士ということですから、年齢を重ねるにあたり、不都合な点はたくさん出てくるでしょう。

さらに、愛し合っているとはいってもあくまでも表面上の関係であって、子どもを作る事も籍を共にしそれぞれの親族との付き合いも特にしないのですから、次第に寂しさが増してくるのは、容易に想像ができます。

男性の中には、一生結婚しなくてもいいと割り切っている人は多いかもしれませんが、女性は周囲の友人が結婚し、幸せな家族を作っている様子を見ていると、結婚し子どもを欲しいと願うのが自然なのではないでしょうか。

今の流行りに流されて割り切った関係もなんとなくカッコいいよねなんて強がっていても、年を重ねると割りきってだけでは生きていけないと感じるようになるのです。

しかし年齢を重ねてしまっては、取り返しがつかない状況もありますのでしっかりと判断出来るようにしましょう。

まとめ:結婚しない前提の同棲のメリット・デメリット

結婚をしないと決めて同棲することのメリット・デメリットを、もう一度おさらいしておきましょう。
メリット

  • 結婚という形に束縛されず、お互い自由なライフスタイルを楽しめる
  • 経済面での負担を半分にでき、かつ好きな人と一緒に生活できる

デメリット

  • 年齢を重ね次第に寂しさが増してくる
  • 年齢を重ねてしまっては、取り返しがつかない状況

結婚をしない前提の同棲は、先の事がわからない怖さがあります。
当初こそ自由な時間に満たされていても、時が流れるにつれ気持ちも変わってくるかもしれませんよね。

特に女性にとっては取り返しがつかない状況も考えられますので、安易な決断は避けましょう

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事