menu

同棲生活~準備と心構え~

半同棲のストレスを無くす方法

好きな人と一緒にいたいがために、自然と半同棲の状態になることがありますが、一緒に生活しはじめると様々な問題が生じてきます。

特に同棲生活とは違って、やや微妙な関係にある半同棲によるストレスが深刻だと言われています。
半同棲をすることで、二人の関係にヒビを入れないためにも、どのような事に注意をしたらいいのか考えて行動するようにしましょう。

特に彼(彼女)の一人暮らしの家に転がり込んだ側の人は、自分の行動をよく考え、更に相手の立場になって半同棲をするようにしましょう。

使ったものは補充しよう

半同棲をするというのは、元々一人暮らしをしている彼(彼女)の部屋に転がり込む状態があります。
その為、転がり込んできた方は、生活費や家賃の負担を一切しないケースが多いようですが、それこそがトラブルの要因となっているのです。

例えば、彼(彼女)が留守の間に冷蔵庫の物を勝手に食べたり、お風呂を使用するといった事は、半同棲には、当然ある光景ですよね。

しかし使ったものに対する負担を忘れてはいませんか。
もともと住んでいる人は、半同棲によって二人分の出費をしなければいけません。

仕事から帰宅後の楽しみとしてビールを冷やしていたのに、空っぽになっている、お風呂に入ろうとするとシャンプーやリンスがきれているなんて状況が続くと、なんとなくうんざりしますよね。

もともと住んでいるパートナーに迷惑をかけないというのも半同棲を成立させるためには、最低限必要なのことです。
自分が使ったものに対する責任はきっちりと取れるように行動しましょう。

共同資金をつくろう

半同棲の場合、お金の面でトラブルになることが多々あると言われています。
光熱費や食費などの負担に関する問題もそうですが、その他トイレットペーパーや歯磨き粉、洗剤等々に関してもなんとなくあやふやになっているはずです。

週に2,3回程度の半同棲だと本当に微妙ですよね。
請求する方もストレートに請求できずに、ストレスだけを溜め込む事になるでしょう。

そこでオススメなのが二人で共有できる資金を作るという事です。
月に1万円程度のお金があれば、週2,3回程度の半同棲による生活費の負担を補う事ができるでしょう。

黙ってストレスを蓄積させるよりは、これくらいの負担をしてもらうよう提案してみるのはどうでしょうか。
1日300円から400円程度と考えると安いもんですよね。

家賃を折半の問題

半同棲では、家賃に関する折半は非常に厳しい問題です。
24時間365日ずっと同じ部屋にいるわけでなく、別に生活の拠点があるのですから家賃を負担してもらうというのは非常に難しいでしょう。

どうしても家賃を折半してもらいたいという気持ちがあるのなら、この際同棲をすることを提案してみるのも良い方法です。
双方が納得しなければ、半同棲に対するストレスを日々溜め込む事になりますので、二人にとって良い方法を模索してみるといいでしょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事