menu

同棲生活~準備と心構え~

無許可の半同棲はなぜダメなのか?契約違反の重大さを知る!

無許可の半同棲はなぜダメなのか

半同棲のように互いの家を行き来し、半分住んでいるような状態になっているカップルは非常に多いはずです。

当初は一人暮らしと言って、大家さんと賃貸契約をしたものの、そのうち好きな人が部屋に出入りするようになったという場合、これは契約違反ではないのでしょうか。

一人暮らしを前提に賃貸契約をした人で、現在半同棲をしているという場合には、注意が必要です。
ここでは、半同棲によってもたらされるトラブルなどを紹介しています。

なぜ半同棲が契約違反にあたり、それがなぜいけないのか、よく理解しておきましょう。

無許可の半同棲は契約違反にあたる?

当然ですが、賃貸契約とは大家さんが契約者本人と交わした正式な書類となりますので、これに違反した場合には、退去命令が下される事があります。

例えば、一人暮らしをするといって物件を賃貸したのに、いつの間にか二人で生活しているような状態になっているという場合は、当然違法なのです。

契約書の内容をしっかりと読んでみるとそのことが記載されているはずです。

現在半同棲をしている人で、当初の契約とは異なっているという場合には注意が必要です。

無許可の半同棲はなぜいけない?

大家さんや管理人さんが、なぜそこまで半同棲に反対するのかその理由をまず理解しましょう。

当然ですが、一人暮らしと申告し、賃貸契約をしたのですから、契約違反となります。

ただそれだけではなく、半同棲とは、1人ではなく2人で生活することになりますよね。

その場合、一人の時とは違って、すべてのものに対する消耗が著しくなるのです。

つまり一人暮らしとして契約した時に支払った敷金だけでは、部屋の管理を行う事が難しいと考えられているのです。

その他にも一人暮らしなら騒音等の心配もなかったはずなのに、二人暮らしになると会話が大きくなったり、物音が大きくなるなど、隣近所に迷惑になる可能性も高くなるのです。

部屋を借りている人の中には、一人暮らしの人が多い静かな場所をわざわざ探して住んでいる人もいるはずですから、大家さんとしてその環境を壊したくない気持ちもあるのです。

いずれにせよ、当初の約束とは違った行動をすると全てにおいて契約違反となり、トラブルに発展する可能性が高いですから、無断で半同棲をスタートさせることは止めましょう。

発覚は近隣住民の苦情によるもの

半同棲をしていることがバレないと安易に考えて行動する人もいるようですが、殆どの場合、お隣近所からの苦情で発覚することが多いと言われています。

先に記載したように、深夜の話し声や物音が大きく、隣の人の生活を脅かすものとなってしまうのです。

物件によっては、管理人が常駐していない事もありますので、半同棲が発覚するのは、ほとんど近所の人と思っても間違いないでしょう。

ただし、他人に迷惑をかけていないから大丈夫という考えは当たり前ですが、それは勘違いですから気をつけてください。

半同棲をし、契約違反をしている事自体、すでに大家さんに迷惑をかけているということなのです。

無許可の半同棲をするリスク

無許可の半同棲はトラブルの元です。

  • 当初の契約と異なる状況は契約違反にあたる
  • 契約違反の場合、退去が下される恐れがある

別に人に迷惑かけてないと思うのは勘違い!
契約違反をしている事自体、すでに大家さんは迷惑です。
二人が生活する分、

  • すべてのものが著しく消耗し、敷金では賄いきれない
  • 話し声や物音も増え、騒音問題がおきる

ほとんどの場合、近隣住民からの苦情でばれます
ばれる事はないと、安易な気持ちで半同棲をするのはやめましょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事