menu

同棲生活~準備と心構え~

これだけは注意!同棲で気をつけるべき3つのポイント

同棲で気をつけるべき3つのポイント

同棲をする目的はカップルによって違います。

例えば、結婚を前提にした同棲や一人暮らしの生活費がもったいないからという理由、その他とりあえず一緒に生活したいなどその目的は様々です。

どんな理由や目的だとしても、同棲したからには、できるだけ幸せに過ごしたいものですよね。

ところが、男女が共に生活するというのは、そうそう簡単なことではなく、あらゆる問題が発生するものなのです。

理想的な同棲生活を送るためには、どのような生活を心がければいいのか、どのような問題があるのかを事前に確認しておくようにしましょう。

一人の場所を確保できる間取りを選ぼう

同棲するカップルの中には、それほど予算もないのに、とりあえず、生活をはじめるケースもあります。

そんな二人が選ぶ間取りは、家賃をケチって、1ルームや1Kなどのとても小さなスペース。

つきあったばかりの二人にとって、どんな生活空間であれ、一緒の時間が過ごせるのであれば我慢できると勘違いするものです。

しかし実際に生活を始めてみると、それがどれだけ失敗であるのかを実感するでしょう。

同棲生活において、ゆとりのない間取りは、大問題です。
二人の関係を急速に破綻させてしまう事になるでしょう。

なぜなら1ルームや1Kのように、どこにいっても相手の目が届いてしまう状況では、一人になることは不可能なのです。

万が一喧嘩をした場合にも、退避するスペースすらないんですから、ストレスが溜まってしまい安らげる環境とはいきませんよね。

金銭面は細かい事までしっかり!

同棲する場合に大きな問題となるのは、お金のことです。

同棲する前に、家賃や光熱費、生活費などの取り決めは絶対に行う必要があります。

ただ生活してみないとわからない事もありますので、その都度慎重に話しあいをしなければならないのです。

例えば、毎日使用するトイレットペーパーや洗顔石鹸、シャンプーやゴミ袋等など、細かいものを購入する場合の費用はどうするのかを決めなければなりません。

小さい金額だからといって曖昧にしていると片方に負担をかけることになるでしょう。

負担をかけられているパートナーは、小さいお金だから相手に請求することもできず、ストレスを抱え、いずれ大きな不満となって爆発する危険性もあります。

家事分担は曖昧にしないのが重要

料理や洗濯、掃除などは、女性の仕事だと決めつけている男性は、要注意です。

両方が仕事をしてる同性カップルは、なおさら家事の分担をしなければなりません。

女性がすることが当たり前という考えを持っている男性との同棲生活は決してうまくいきません。

例え、女性が家事全般をすることが好きといっても、男性側に感謝の気持ちがなければ、積極的に家事をこなしている女性としては面白くないですよね。

このように同棲生活には、いろいろな問題が発生します。

問題が起こらない、その都度解決できるのであれば、、同棲はとても楽しいものとなるでしょう。

同棲が上手くいけば、結婚のきっかけにもなりますので、女性とっても安心できますよね。
これらの問題をクリアしながら、楽しい同棲生活が送れるようにしましょう。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事