menu

同棲生活~準備と心構え~

同棲の為の賃貸契約での注意点とは?

同棲の為の賃貸契約での注意点とは

夫婦という関係とは違い、同棲をするカップルが部屋を借りる場合には、やや状況が異なります。

不動産からしてみれば、これまでにも同棲カップルに部屋を貸した場合のトラブルが非常に多いことから、どうしても警戒されがちです。

ここでは、同棲での賃貸契約の注意点などまとめてみました。
同棲を計画しているカップルは、ぜひチェックし必要な知識をとりいれておきましょう。

契約違反に注意!同棲の場合の保証人について

同棲する二人が賃貸契約する場合には、保証人が必要となります。
保証人をたてる事が難しいという理由から、同棲を踏みとどまっているカップルも多いと言われています。

すでにいずれかが一人暮らしをし、賃貸契約を済ませている場合を考えてみましょう。

この場合すでに契約が成立していますので、保証人を新たに立てる必要はないと考えている人もいるかもしれませんが、管理人に何も言わずに転がり込むのは、契約違反となります。

管理人によっては、増員によって賃貸料が高くなったり、保証人を新たに要求する事もあるでしょう。

いずれにせよ同棲カップルというのは、あくまでも他人同士ですから、それぞれに保証人を立てるというのが一般的な考えなのです。

悪徳業者に注意!保証人は両親が一般的

同棲することを親に内緒にしている方もいるようですが、新しくアパートを賃貸する場合には保証人が必要となります。
この場合、一般的にそれぞれの両親が保証人となるケースが多いようです。

ですから御両親に同棲をすることを内緒にしているのは、あまり好ましくないのです。

ただ、兄弟ですでに社会的に自立し、それなりに収入を得ている人がいるのであれば、兄弟が保証人となることも認められています。

いずれにせよ親兄弟に内緒での同棲は、二人にとっては何のメリットもないということは覚えておきましょう。

さらに注意をしたいのが、最近保証人請負というサービスを行っている会社もありますが、悪徳業者である危険性が非常に高く、多くのトラブルも発生していますので注意をするようにしましょう。

保証人を必要とする理由

なぜ賃貸契約をする際に保証人を必要とするのか、その理由については、入居後の家賃滞納やその他トラブルを回避する目的があります。

特に同棲しているカップルは、その関係性が不安定でいつ何時二人の仲が悪くなり一方が部屋を出るとも限りません。

二人の収入があってこそ、部屋を賃貸できると判断されたのですから、一方の収入が途絶えてしまったとたんに家賃滞納の危険性が高くなるのです。

その他にも同棲をするカップルは若い方が多く、何かとトラブルが起きやすいとも言われています。
それらを回避するための手段として必要とされています。

まとめ:同棲の為の賃貸契約での注意点

ここでもう一度同棲するときに気をつけたい事柄を、おさらいしておきましょう。

・同棲の場合、それぞれに保証人を立てるというのが一般的
すでに一人暮らしの賃貸契約を済ませている部屋に、無許可で転がり込むのは契約違反です。

・一般的にそれぞれの両親が保証人となるケースが多い
保証人請負というサービスを行っている会社は悪徳業者の可能性もあるので注意。

賃貸契約をする際に保証人を必要とするのは、入居後の家賃滞納やその他トラブルを回避する目的の為なのです。

同棲している彼とはうまくいくのか気になる方

  • 彼と喧嘩が絶えない!
  • 同棲してからストレスが増えてきた!
  • 彼の浮気?最近冷たく感じる!

など、同棲している彼との仲が良くないと悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
同棲の不安と悩みを解消!彼との運命はどうなるの?


関連記事